So-net無料ブログ作成
検索選択

夏は目前!ダイエットには「パイナップル」を食べてみて! [健康]



スポンサーリンク







スポンサーリンク


夏はフルーツがおいしい季節ですよね[わーい(嬉しい顔)]

ビタミン・ミネラル・ポリフェノール、そして食物繊維も豊富なフルーツは、

美容健康に役立つ食べものです[手(パー)]

中でも「パイナップル」は、腸内環境を整え、便秘やむくみの改善に役立つフルーツなんです[手(パー)]

水着になる季節は、もうすぐだね[わーい(嬉しい顔)] 

毎日パイナップルを食べて、腸からダイエットしてみませんか?
パイナップル.jpg
■夏までにダイエット!パイナップルが役立つ理由2つ

(1)腸内環境を整える

パイナップルに含まれるタンパク質分解酵素「ブロメリン(ブロメライン)」は、

腸内の炎症を抑える、有害物質を分解してガスの発生をおさえ、

腸内環境を整えるなどの働きがあるそうです[わーい(嬉しい顔)]

腸内環境が悪玉菌優勢になってしまうと、食べものから過剰にエネルギーを

取り込むデブ菌が活動しやすい環境になりますから、腸内環境を

善玉菌優勢に保ち、肥満の予防に役立つヤセ菌の活動しやすい

環境を作りましょうね[わーい(嬉しい顔)]


(2)便秘・むくみの解消に

東洋医学では、パイナップルは「攻下類(こうげるい)」といって、

体内に溜まった余分な熱を取り去り、便秘やお腹のハリを

解消する食べものに分類されています[手(パー)]

利尿作用を高めて、体内に溜まった余分な水分を排出する効果もあり、

むくみの改善にも用いられているんだよ[わーい(嬉しい顔)]

■腸内環境美化に役立つパイナップルの食べ方

(1)一度にたくさん食べ過ぎない

筋っぽい食感からもわかるように、パイナップルは、

不溶性食物繊維が多いフルーツです[exclamation]

不溶性食物繊維は、一度にたくさんとりすぎると刺激が強く、

かえって便秘の原因となる場合があるんですよ・・・

また、パイナップルは、身体を冷やす性質があります。

冷えが気になる方も食べ過ぎは禁物ですよ[手(パー)]

逆効果にならないよう、1度にたくさん食べるのではなく、

1日250g程度を数回に分けて食べましょう[手(パー)]


(2)充分に熟したものを食べる

追熟が充分でないパイナップルは、シュウ酸カルシウムが多く、

食べ過ぎると舌や口の中がイガイガ刺すようなことが在ります・・・

充分に追熟した、いい香りのするパイナップルを食べましょうね[グッド(上向き矢印)]


これからが旬のパイナップル[exclamation]

ダイエットが気になる方は、今まで食べていたデザートやおやつを

パイナップルにチェンジして、腸からダイエットしてみてはいかがでしょうか?


「ネタりか」引用
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160628-61720219-lbr スポンサーリンク







スポンサーリンク

nice!(107)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 107

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント