So-net無料ブログ作成
検索選択

目元のクマ・たるみに効くツボマッサージ [健康]



スポンサーリンク







スポンサーリンク


目元のクマ・たるみに効くツボ.gif



■目元ケアを行う上で気をつけること

(1)目元を乾燥させない

目元は皮下脂肪が少なく、皮脂の分泌量が低く、水分を保持しにくいので

乾燥によるダメージを受けやすい、いわゆる「シワができやすい場所」ですよ[がく~(落胆した顔)]

コットンにたっぷり化粧水を出し、目元のコットンパックをしたり、

目元美容液やアイクリームなど念入りなスキンケアをしましょうね[かわいい]


(2)摩擦刺激をしない・メイク汚れは浮かせて落とす

汗や皮脂で落ちにくいアイライナーやマスカラを使用したり、つけまつげなどを使ったりした後は、

つい強い力でクレンジングをしてしまいますよね?

薄い目元にとって、ゴシゴシこする摩擦刺激はNG!なんですよ[exclamation]

シワの原因にも繋がるからね・・・

メイクがお肌に残ってしまうことはお肌の負担にもなるので、きちんと落とすことは大切ですが、

アイメイク専用クレンジングや目元の拭き取りタイプのクレンジングを活用しましょうね[わーい(嬉しい顔)]

メイクを浮き上がらせ、スッと優しく滑らせるように落としましょう[かわいい]


(3)長時間のパソコンスマートフォンなどによる眼精疲労

長時間に渡り、パソコンやスマートフォンを眺める場合は眼精疲労に注意しましょうね[exclamation]

疲れ目によって血行が悪くなり、シワの原因につながりますよ[目]

また瞬きが少なくなることでドライアイだけではなく、表情ジワの原因にもなるんですよ・・・

長時間連続の使用はなるべく避けましょう[ひらめき]

1時間に1回は休憩をしてあげて目を休ませ、目の周りをリラックスさせるようにしましょうね[exclamation]


■目元ツボマッサージ

(1)目頭と鼻の付け根にあるくぼみ。目の疲れやまぶたのむくみに。

(2)眉毛の真ん中にあるくぼみ。まぶたのむくみやたるみに。

(3)眉毛の一番外側の部分。目の疲れやたるみ、シワに。


(4)黒目の真下の部分。目のクマやむくみ、顔のくすみに。



日頃から目元の乾燥対策や保湿ケアに気をつけるのはもちろんのこと、

摩擦などの刺激や疲れ目などを減らすことも心がけましょう[手(パー)]

アイマスクをつけてみたり、ちょっとした休憩に目の周りのツボを押したりするなど、

血液循環を良くすることで疲れた印象を与えるクマを予防できますよ[手(パー)]

ダメージを出来る限り減らして、目元年齢を若々しく保ちませんか?


「excite」引用
http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20170430/Lbr_126501.html







スポンサーリンク







スポンサーリンク

nice!(62)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 62

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント