So-net無料ブログ作成

スッキリ!朝の目覚めをよくするための秘訣 [健康]



スポンサーリンク







スポンサーリンク


朝の目覚めをよくするための秘訣.jpg


なかなかベッドから出られず、毎朝バタバタな1日をスタートしていませんか?

もう少し時間に余裕があれば、身支度もきちんとできるし、

朝ご飯もしっかり食べられるのはわかっているのに・・・

朝が苦手な人にとってはなかなか難しい問題だよね[ふらふら]

そこで今回は、国際中医薬膳師の筆者が「朝の目覚めをよくするための秘訣」をご紹介するよ[わーい(嬉しい顔)]

気持ち良い朝を過ごして、心に余裕を持って1日をスタートさせようね[かわいい]



■カーテンを10cm開けて寝る

太陽の光を浴びると、セロトニンというホルモンが分泌され、

心地よく目覚めることができるのです[わーい(嬉しい顔)]

カーテンのすき間から差し込むほんの少しの光でもOK! 

そのため、少しだけカーテンを開けて寝ると、朝日が差し込み、

自然に脳が覚醒されていきます[わーい(嬉しい顔)]

また、セロトニンは朝日を浴びて14~16時間後にはメラトニンという

快眠物質であるホルモンに変化し、夜の快眠にもプラスになって

良い睡眠サイクルが作られるのです[exclamation]



■スヌーズ機能は思い切ってOFF!

実際に起きる時間を計算して、スヌーズ機能を5分起きにかけている人はいませんか?

寝て起きてを繰り返していると自律神経が乱れ、スッキリ起きられない

悪循環に陥ってしまうのです[ふらふら]

目覚まし時計のスヌーズ機能をやめることでその分きちんと眠ることもできますし、

頼り過ぎることで、かえってぼーっとしてしまう原因になっているかもしれませんよ[がく~(落胆した顔)]



■アロマの力を借りる

心と体をスッキリさせるには、柑橘系のアロマがおすすめだよ[exclamation]

朝起きたら、加湿器のアロマフィルターに入れたり、熱いお湯を入れた

マグカップにベルガモッドやグレープフルーツのアロマを数滴入れたりしてみてね[わーい(嬉しい顔)]

フレッシュな香りで嗅覚からスッキリ、脳が覚醒していきますよ[かわいい]

反対に、夜は気持ちをリラックスさせるラベンダーがオススメ[exclamation]

アロマはTPOに合わせて使い分けると、強い味方になってくれますよ[ハートたち(複数ハート)]



■起きたらすぐ着替えてスイッチON

出かける直前までパジャマで過ごしていると、なかなか心も体も目覚めずダラダラしがちです[がく~(落胆した顔)]

朝起きたら部屋着でもいいのですぐに着替えて、活動タイムへの切り替えスイッチを入れましょう[ひらめき]



■目覚めの白湯で内臓を優しく起こす

美容や健康にいいことづくめの白湯は、目覚めを良くする秘訣としても[決定]

内臓を優しく起こし、活動のスイッチを入れるのに役立ちますよ[かわいい]



■朝ご飯をきちんと食べる

時間がないと抜いたり、慌てて食べたりしてしまう朝食ですが、

きちんと食べることで日中のエネルギー補給はもちろん、

脳が覚醒しますよ[わーい(嬉しい顔)]

午前中の集中力を高めるためにも、朝食をきちんと食べましょうね[かわいい]


そのほか、寝る前にブルーライト断ちをしたり、お風呂に浸かって

寝つきをよくしたりすることも、朝の目覚めをスッキリすることに役立ちますよ[手(パー)]

新年度が始まる春[るんるん]

朝を気持ち良くスタートさせるために参考にしてみてね[るんるん]


「ネタりか」引用
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170303-07295862-nosh


ほぐし屋公式ホームページ
http://www.ooshima-anma.com/hogushi.html



nice!(78)  コメント(0)