So-net無料ブログ作成

ご飯がダイエット食に?! “冷ます”だけのハイレジダイエットって? [健康]



スポンサーリンク







スポンサーリンク


ハイレジダイエット.jpeg


冷ましたご飯で腸内環境改善&脂肪燃焼。

「炭水化物は、タンパク質、脂質とともに、私たちに欠かせない

三大栄養素のひとつであり、けっしてダイエットの敵ではありませんよ・・・

健康的に痩せたいなら、むしろ適度に摂るべき栄養素なんですよ[わーい(嬉しい顔)]

とくに、食物繊維と同じ働きをしてくれ、腸内環境を整えるなど、

ダイエット的にいい炭水化物の成分が、レジスタントスターチです[手(パー)]

レジスタントスターチは、体内に吸収されにくい分、カロリー量が低く抑えられ、

脂肪が体内で合成されるのを抑える働きまでしてくれるんですよ・・・

そのレジスタントスターチを多く含む“ハイレジ”と呼ばれる食品を積極的に摂って、

きれいにストレスなく痩せようというのが、ハイレジダイエットです」と

池谷医院院長・池谷敏郎先生・・・

ご飯は、食べていいけれど、レジスタントスターチは、

冷める過程を経ないと作られないんです[手(パー)]

これが、ハイレジダイエットの肝[exclamation]

「炊きたてやレンジで解凍したばかりのご飯は、ただのでんぷんにすぎず、

レジスタントスターチでは無いんですよ[手(パー)]

ご飯のでんぷんは、冷めていく過程で、大腸までちゃんと届いて

食物繊維と同じ働きをするレジスタントスターチへと変わるんですよ[手(パー)]

冷ますといっても、美味しくいただける範囲の常温にさえすれば大丈夫なんですよ[exclamation]

また、冷ますと、熱々のご飯に比べてよく噛んで食べるようになり、

自然と量が少なくなる嬉しい効果もありますよ」(池谷先生)

ひと口ごとに味わって食べれば、満腹感を脳が察知して、

食べすぎを防げるというわけですよ[手(パー)]

さらに、ハイレジダイエットでは、おかずの量も内容も変える必要なしなんです[わーい(嬉しい顔)]

だから、筋肉量が落ちて基礎代謝が下がるという心配もないんですよ[わーい(嬉しい顔)]

さらに、冷えた白米以上にレジスタントスターチを含むのが、玄米やもち麦・・・

「僕は、もち麦をよく食べています。ぷちぷちと歯ごたえがあって満足感がありますし、
冷めても美味しいですよ」(池谷先生)

でも、玄米やもち麦は、パサつきが気になってしまう[ふらふら]

「浸水をしっかりすれば、芯まで火が通りやすく、パサつきも気になりません。
もちもちに炊くには、炊飯器より圧力鍋。
それでも炊飯器でという方は、水の量を増やしてみてください」と管理栄養士の柴田真希さん。

玄米や雑穀派の人も、白いご飯の人も、“冷ます”がダイエットの新・合言葉[exclamation]

池谷敏郎先生 池谷医院院長。ハイレジダイエットで12kg減に成功。
『炭水化物を食べてもやせる!』(主婦の友社)の監修を務める。



「ネタりか」引用
https://netallica.yahoo.co.jp/news/20180205-87495793-anansoken



ほぐし屋公式ホームページ
http://www.ooshima-anma.com/hogushi.html


新店舗
地図.png

*新店舗ではマッサージのほかポップコーンも売ってます!
 定番の味も季節限定の味も色々なフレーバー在りますよ☆

ポップコーン.jpg



nice!(87)  コメント(0) 
共通テーマ:健康