So-net無料ブログ作成

体温を上げ免疫力を活性…紅葉狩りやジム通いでがんに勝つ [健康]



スポンサーリンク







スポンサーリンク


免疫力.png

筋トレと食事で免疫力を高め、がんを克服しようとしている私に20年来の知人の

鍼灸(しんきゅう)師が「刺絡(しらく)療法」を勧めてきましたね・・

知人は国立大学や大手カルチャーセンターで漢方の講座を持ち、鍼灸院を構え、

薬剤師でもあり、著書も多いですよ[手(パー)]

その勧められた刺絡療法とは、自律神経免疫療法とも呼ばれ、

自律神経の乱れを治す鍼治療だそうですよ[exclamation]

吸玉と呼ばれるカップを体のツボに当てる。すると体の悪い部分には“瘀血(おけつ)”が

集まり赤紫色になるんです[がく~(落胆した顔)]

その部分に特殊針を刺し、副交感神経を刺激してリンパ球を増やし、免疫力を高めますよ[exclamation]

秋以降3度やってもらったそうですよ・・

最初は吸玉を当てた部分がかなり赤紫色になりました・・・

2度目には左肩の下の部分に当てた吸玉内でかなりの血が噴き出したそうです・・

3度目は色の変化も強く出なかったし、血の噴き出しもなかったそうです[わーい(嬉しい顔)]

鍼灸師は、「血流もいい。体の状態はかなり良くなっている」と言ってました[わーい(嬉しい顔)]

月1度、検査に行っている病院での11月の結果も、体の数値は正常だったそうです[わーい(嬉しい顔)]

代謝が少し良くなっているのかなという感覚はありますよ[わーい(嬉しい顔)]

この私が受けた刺絡療法を、免役療法を提唱していた故・安保徹医博は

「副作用もない人体に優しい療法」と推奨[exclamation×2]

さらに、「免疫力を高めればがんを克服できるんですよ[わーい(嬉しい顔)]

そのためには体温を上げよ」とも言っていましたよ[わーい(嬉しい顔)]

「病院へ行くとすぐに点滴したり、胃ろうを作って栄養のある物を入れようとする。

あれこそが七転八倒の苦しみにつながります・・

点滴治療などは、一時的なもので、冷えの世界をつくっている」

治療に必要なのは、温かくしてエネルギーを作り病気を治すことです・・

体温を上げると血流はよくなり免疫力も活性化しますよ[わーい(嬉しい顔)]

刺絡療法はその働きを助けます[わーい(嬉しい顔)]

安保医博はこうも言っていた。

「体温の多くは筋肉で作られている。体を動かし筋肉から発熱を促す」

私は先週、紅葉狩りに行ったこともあり、1週間の歩数は10万歩超。

ジム通いも続けている。“健康”的な生活が続いているとの事ですよ[るんるん]


「日管現代ヘルスケア」引用
https://hc.nikkan-gendai.com/articles/243449?page=2


ポップコーン2.jpg
ポップコーン、全国発送致します☆


スポンサーリンク







スポンサーリンク

nice!(66)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 66

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント